安ければ同じ?正規の割引と格安航空券の違いを徹底調査!

- 一緒だと思ってない? 正規割引とLCCと格安航空券の違い

一緒だと思ってない? 正規割引とLCCと格安航空券の違い

格安航空券という名前は聞いたことがあるかと思います。
ですが、どういうものか、ちゃんとわかっている人は多くないのではないでしょうか。
安くで飛行機に乗れると言ってしまえばそれまでですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

LCCや正規割引運賃とは違う

格安航空券とは、一般にツアーのために航空会社が安い値段で用意したものです。
それを旅行代理店が買い取り、ツアー用としては使わずに、個人に販売しているものになります。
そういうわけで、旅行代理店で販売されますから、値段を決めるのも当然代理店になります。
安い値段で買える航空券として、LCCを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、LCCは割引された値段が安いわけではなく正規運賃を安く設定しているものになります。
正規運賃ですから、予約の変更やキャンセルに特別な制限が付かないことも多く、出発当日に買ったとしても安くチケットを手に入れることが出来ます。
LCCの価格は、大手航空会社の正規運賃の半額以下ほどだと言われていますが、その代わり座席が狭かったり、欠航した後の対応が大手よりも悪かったりとデメリットもあります。
正規割引運賃(PEX航空券)は、航空会社が設定している運賃です。
各航空会社によって、サービスの名前は変わってきますが、前もって予約しておくことで割引されるというものですね。
中には50%以上も割り引かれるものもあり、LCCと同じような値段で快適に空の旅を楽しむこともできます。ですが、キャンセルや変更が出来なかったり、できても料金がかかったりします。

正規割引運賃との違い

正規割引運賃はキャンセル等の制限がありますが、格安航空券でも同じことが言えます。
では何が違うのかというと、まだ一般的に後者の方が安いと言われている点です。
ですが、各航空会社が割引幅を拡大していますので、値段の差はだいぶ縮まったと言えます。
また正規割引運賃の方はマイルがたくさんたまったり、マイルを使ってアップグレード出来たりと出来ることが多いのも事実です。
ほかには、シーズンによる価格の変動率も正規割引の方が小さいですが、これに関してはどちらがいいかということはないでしょう。

チケットの使い分けがお徳のポイント

結論から言うと、どのチケットを買うのがお得かということは、一概には言えないです。
フライトの前日に飛行機を使おうと思ったらピーチ格安航空券モールなどで購入するLCCが一番安いと思いますし、2か月や3か月以上前から決まっているのであれば、正規割引を使うのが良いかもしれません。
ですから、フライトすることが決まった時に、すべてを比較してみるのがいいでしょう。

更新情報

2016/11/14
一緒だと思ってない? 正規割引とLCCと格安航空券の違いの情報を更新しました。
2016/11/02
格安航空券っていったい何なの?の情報を更新しました。
2016/11/02
正規割引、格安航空券、LCCそれぞれのデメリット比較を新規投稿しました。
2016/11/02
航空会社が行う正規割引の特徴とはを新規投稿しました。
2016/11/02
格安航空券、正規割引、LCCどうやって使い分けたらいいのかを新規投稿しました。
△PAGE TOP

Copyright © 2016 安ければ同じ?正規の割引と格安航空券の違いを徹底調査! All Rights Reserved.